【お疲れさまです】ホッと一息にオススメの1杯です

身体の内側から美容

【お疲れさまです】ホッと一息にオススメの1杯です

今日はどんな日でしたか?

この季節は、寒い北風が吹いたと思ったら、春のような暖かくなったりとホントに体調を整えているのは大変ですよね
 生活でのストレスも大変ですが、ストレスはなかなかスッキリとなくなる事はなくて、たまりにたまっていく一方の方の方が多いのではないでしょうか?

優しく抱きしめてくれる異性でもいればいいのですが・・・( *´艸`)ね

少しはストレス解消しました(*'ω'*)?!

仕事が忙しいとディスクにずっと座ってる事も

そんな時に

一杯の飲み物でスッキリするなんてうれしくないですか?

古来よりクマザサ(クマ笹)は、握り飯やお寿司など、魚の鮮度を保つ包材として広く利用されてきました。
冷蔵庫のない時代に、クマザサには防腐効果(抗菌効果)があることを昔の人々は知っていて、それを上手に生活に取り入れていたのです。

また、クマザサは、胃腸病、高血圧、喘息や風邪の時には煎じて飲み、すり傷や火傷、虫刺されなどには笹を熱抽出したエキスを塗るなどして、民間療法の治療薬としても広く利用されてきました。

現代ではなんらかの病気になると、つい薬だけに頼ってしまい、自分自身が本来もっている自然治癒力を高める努力を忘れがちです。

クマザサから抽出したエキス(TWEBS)には、私たちの身体を健康に保ち、元気にする効果がたくさんあります。
腸内細菌との相互作用による免疫系の活性化、糖尿病症状の軽減、整腸作用など様々な効果が検証されています。

・キシロオリゴ糖のプレバイオティクスとしての作用が検証されており、腸内フローラ活性化による免疫力アップ

・自然界から微量だけ摂ることができる貴重なキシロオリゴ糖が豊富に含まれています。

・クマザサエキスの有用成分である多糖体の抽出率は一般的なササエキス製品の20倍〜30倍。

クマザササイトで栄養素を調べてみました

豊富な栄養素がぎっしりつまったクマザサですが、その中でも3大栄養素といわれるのが「葉緑素」、「アミノ酸」、「クマザサ多糖体」です。

もちろんこのほかにもクマザサには豊富な食物繊維、 リグニンのほかビタミンA,B1,B2,B6,B12,C,E,Kなどをはじめとする各種ビタミン、カルシウム、ミネラルの他いまだ未知の成分が多数含まれ、健康はもちろんのこと美容面でも効果が高い有効成分がたくさん含まれています。

それではまず「葉緑素」について。 クマザサの葉の約80%は葉緑素で構成されているほど豊富に含まれています。「葉緑素」は、新しくきれいな血液を作るはたらきを助ける力を持っています。近頃注目されている健康のために大切な「サラサラの血液」。これにも大きな効果を発揮してくれます。この他にも「葉緑素」は、胃腸の強化、抗アレルギー効果、新陳代謝を促す、新しい細胞をつくるはたらきを助ける、やけどや皮膚病の改善、消臭、胃潰瘍、歯槽膿漏、高血圧などなど、その効果は幅広く、医学界でも注目されている成分のひとつです。

次に「アミノ酸」。 古代から地球に存在する最も古い栄養成分です。原始時代の生命体から現代人にいたるまで、「アミノ酸」は生命の源として幅広く利用されています。人間の体は約6割の水分と「アミノ酸」で作られていますが、細胞、ホルモン、酵素などを形成する他、それを正常に働かせるための重要な機能を担っています。クマザサにはなんと、牛乳や米の2倍ものアミノ酸が含まれています。

出典 http://sasaland.com

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っています。その細胞の、一番外側にある膜を形成しているものを「多糖体」と呼び、大切な内容物をしっかり守る役目を果たしています。この多糖体が不足すると、徐々に細胞が弱っていき、さまざまな病原体に侵されてしまう危険性が高まるばかりか、栄養分の吸収、老廃物の排出がうまくいかなくなってしまいます。

クマザサが持つ「クマザサ多糖体」は、人間の細胞膜と非情に馴染みがよく、傷つきかけた細胞膜と結合して、元通りの細胞膜に修復する力を持っています。「細胞が元気であること」イコール「生体防御機能が働いていること」すなわち「健康」であるということなのです。

「多糖体」とは、「単糖」が何十~何百と結合したものです。配糖体結合で縮合して出来たものを総称してこう呼びます。ですからデンプン、セルロース、寒天、水飴だって多糖体と言えます。多糖体は植物だけでなく、人間の体内や動物、細菌の中にだって存在しているのです。また、「多糖体」には人間の体に有効に働くものと、そうでないものがあります。前者を活性型多糖体、後者を非活性型多糖体と言います。

活性型多糖体例 …… クマザサ多糖体、霊芝多糖体、クロレラ多糖体
非活性型多糖体例 …… セルロース、寒天など
多糖体はそれらの由来する動植物(またはその部分)によってその働きが違いますから、「クマザサ多糖体」であろうとも、葉からの多糖体と根からの多糖体では働きが違います。ですから、一口に多糖体と言っても、すべてが同じなのかと言うと、これはまったく別物なのです。例えば、漠然と「たんぱく質」と言っても、髪の毛や爪、牛肉の中のたんぱく質とではそれぞれが違うものであるように。

このように多糖体でも、それが活性型であるか、非活性型であるか、また活性型でもクマザサ多糖体であるか霊芝多糖体、クロレラ多糖体であるかによってまったく違った働きを体の中で現します。だからこそ自分に合った良質の多糖体を選ぶことが肝心なのです

出典 http://sasaland.com

http://hououdou.jp/kanri/wp-content/uploads/2015/05/ekisu_top_01.jpg

出典 http://hououdou.jp

TWEBSとは、True World Extract of Bambuseae Sasaの頭文字を取ったもので、一言で言うと、本物のクマザサエキスということです。

クマザサをオススメする方

○胃腸の健康を保ちたい方
○貧血でお悩みの方
○動脈硬化を予防したい方
○免疫力を向上させたい方
○血圧が高い方
○ニキビを予防したい方
○口臭が気になる方

日本では、クマザサは古くから人々の生活の様々なシーンに取り入れられ、とても身近な存在として親しまれてきました。クマザサは民間治療薬として、病気や怪我の治療には欠かせない薬草でした。胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪の時にクマザサの煎じ薬を飲んでいたといわれています。日常的には、やけどや切り傷、湿疹にあせも、虫さされ、口臭や体臭を消すことにまで、暮らしに深く浸透していました。

クマザサは、葉緑素や多糖類[※2]のバンフォリン[※3]、各種ビタミンやミネラル類、安息香酸[※4]、カルシウム、リグニン[※5]などが含まれています。特にビタミンは、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB₁、ビタミンB₂などが豊富に含まれており、体のバランスを正常に保つ役割を果たします。クマザサに含まれる葉緑素には、脱臭効果や抗菌作用があります。また、人間の血液に含まれるヘモグロビン[※6]をサポートし、貧血予防、高血圧予防の効果も期待できます。
バンフォリンという多糖類にも防腐効果があります。安息香酸は、殺菌・解毒作用に効果があるとされ、食品や化粧品の防腐剤として、清涼飲料水、ヘアローション、ヘアトニック、香油などに使用されています。
このように、昔から万能薬として親しまれてきたクマザサの効能は大変幅広いというのが特徴です。

[※2:多糖類とは、糖質の最小単位である単糖が、多数結合したものです。]
[※3:バンフォリンは、ササ多糖類の一種で免疫力を向上させる効果がある成分のことです。]
[※4:安息香酸とは、香料としてよく用いられる化合物で殺菌・制菌作用があります。]
[※5:リグニンとは、植物の細胞壁を構成する成分のひとつです。]
[※6:ヘモグロビンとは、脊椎動物の赤血球に含まれる物質で、酸素を運搬する働きを持っています。]

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MAX85_kanpaibeer20141220175304_TP_V1.jpg

出典 http://www.pakutaso.com

ペットにも使用できるんです

人間がより皮膚が弱い犬にはこの時期お肌のケアは大切なんです

犬は全身を被毛で覆われているため、外部からの刺激には一見強いように思えるかもしれません

しかし、被毛の無い人間に比べると皮膚が極めて薄く、人間の1/3~1/5程度の厚さしかありませんので、非常にデリケートで傷付きやすいんです。

皮膚のバリア機能も人間に比べると弱いため、アレルギーやアトピーなどの症状も出やすく、外部からのアレルゲン(花粉、真菌、ハウスダストなど)の影響を受けやすいため、人間以上にダメージを受けやすく繊細です。

他にも、人間には影響を及ぼさないウイルスや細菌、カビなども、犬の健康に悪影響を及ぼす恐れがあるため、犬の生活環境は人間以上に極めて衛生的で清潔に保たなくてはなりませ

それで、クマ笹エキス風呂です
免疫力を高める働きがあるアラビノキシランが豊富なので画期的なんです

クマザサ研究情報

重度の皮膚潰瘍ラットに対して、クマザサ抽出物を投与すると、皮膚細胞の急速な壊死を抑制し、治癒速度が上昇しました。この結果より、クマザサには皮膚に対する保護作用を示すことが示唆されました。

副作用ってないの?

万能薬のように様々な効果が期待できる熊笹ですが、摂取には注意が必要です。クマザサはイネ科の植物で、ビタミンを豊富に含有しています。実は、このことが副作用やアレルギーを引き起こす原因にもなるのです。

お米にアレルギーがある方
米と同じイネ科の熊笹を摂取するのは控えたほうがよいでしょう。一般的な用量よりも減らして摂る、あるいは、医師に相談した上で判断を仰ぎます。

血栓症の治療を行っている方
ワーファリンという血液を固まりにくくする薬を処方されている場合、熊笹に含まれるビタミンKには止血作用があることから、このワーファリンの効果を弱めてしまう可能性があります。ワーファリンを服用している方は、熊笹の摂取は避けたほうがよいでしょう。

薬草として古くから親しまれてきている熊笹ですが、アレルギーの有無や摂取する方の体質、服用している薬の飲み合わせ等によっては、思わぬ副作用やアレルギーの原因にもつながりかねません。熊笹を摂取することに対し、少しでも不安があれば医師に相談し、問題がないことを確認してから摂取するようにしてください。

アレルギーがなく服薬していない方であっても、多量に摂取したからといって健康が増進されたり、症状が改善されたりするというわけではありません。くれぐれも過剰摂取には注意し、その商品の摂取量を守るよう心がけましょう。
また、購入時にはそのクマザサ製品の製造元、原産地などから安全性をしっかり見極めることも大切です。

どう飲めば良いの?

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/B102_kukki-toocya_TP_V1.jpg

出典 http://www.pakutaso.com

一日一回、本製品を3,4滴、白湯に入れてお飲みください。

一度に多くの量をとるよりも、毎日少しでも継続してお飲みになることが健康の秘訣です。

白湯にいれて飲むのが漢方薬を飲むときの基本ですが、お茶や、紅茶・ハーブティ、などお好みの飲み物にいれていただいても大丈夫です。

体調が優れないときや、病中病後は多めにお飲みください。

ご利用方法に不明な点がございましたら、弊社までご相談ください

http://hououdou.jp/kanri/wp-content/uploads/2015/05/ekisu_top_01.jpg

出典 http://hououdou.jp

他にもこんな飲み方もオススメされています

生活習慣病予防、若々しく元気に毎日を過ごしたい方、疲れやすい方、免疫抵抗力を高めたい方などにオススメです

漢方薬の三原則に沿った製法で、3年以上自然乾燥をしているため茶色の色合いになっています

TWEBSには、人間が本来備え持っている自然治癒力を高める天然成分がたくさん入っています

保存料、着色料など一切含まない完全に自然由来の植物エキスをお試しください

http://hououdou.jp/kanri/wp-content/uploads/2015/05/ekisu_top_01.jpg

出典 http://hououdou.jp

世界最大級の無料キャッシュバックサイト
お買い物が断然お得!いよいよ日本上陸!

ワンクリックで記事を自動生!広告収入でお小遣い稼ぎ♪
初期投資0円、ランニングコスト0円!専門知識も一切不要!
LINEサポート開設しました。併せてご登録ください。

友だち追加

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ